アライグマ駆除を行なう【アニマル駆除サポート隊】

駆除作業を行なう

カチカチと警告音をならす蜂

スズメバチがすばやい動きをするのは、攻撃態勢にはいったと思われて非常に危険です。基本的には、単体で飛んでいるときには、襲ってくる確率はかなり低いものです。ただし、スズメバチの巣の近くだと襲ってくる確率が高くなります。それは女王蜂を守るために必死だからなのです。ハチには独自の警戒範囲があって、それを超えると襲ってきます。時々カチカチと警告音をならしますので、その音がなればスズメバチの巣からすぐに離れた方がいいでしょう。最近では人家の軒下にもスズメバチの巣がよく作られるようになっているので、駆除してもらう方がいいでしょう。

自治体にも聞いてみましょう

スズメバチは気性が荒く、巣に近づくと襲ってくる可能性が高いハチです。毎年スズメバチに刺されて数十人の人が亡くなっているのです。熊や毒蛇の被害で亡くなる人よりも多いのは意外でしょう。それくらい身近で危険な生物だと認識しているほうがいいでしょう。とくに夏から秋にかけては、凶暴性が高くなってますので、スズメバチの巣に近づくのは危険です。また、黒いものや甘い香りによってきますので、白い服を着たり、香水や整髪料等の使用は控えるといいでしょう。とにかく、スズメバチの巣があれば、ハチ駆除専門業者に来てもらい駆除をしてもらいましょう。自治体でもハチ駆除に力をいれているところであれば、業者を派遣してくれるかもしれませんので、聞いてみるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加